売買契約の締結/分譲マンション

マンションイメージ画像

 住宅ローンの仮審査に通ればマンションの売買契約書の締結に取り掛かります。ここまでに頭金(もしくは申込金)を支払っておく必要があり、売買契約書を交わす際に必要な印紙代(私の場合は15,000円でした)が必要です。この売買契約書がないと、住宅ローンの仮審査に通っていても融資は実行されませんので重要なことです。

 また、売買契約の締結が終われば、解約する場合には違約金が発生し、私の場合物件の20%を支払うと言う約束になっていました。もちろん逆のパターンもあり、販売する企業側が、何らかの事情により物権の譲渡が行われない場合は違約金が発生し、規約に定めてある金額を受け取れます。


スポンサードリンク

契約を破棄すれば違約金が発生する

マンションイメージ画像

 ただし例外もあるようで、これらの重要事項に関しては、印鑑を押す前に熟読しておく必要があります。何らかの事情が発生し「こんなはずではなかった」なんて事にならないよう、十分にチェックしておく必要があります。

 なおこの時点では住宅ローンの融資は実行されていません。と言うことは住宅ローンの仮審査には通ったけど本審査で落ちた、なんて事が起こりえると、購入する側(要するにあなた)は非常に困ることになります。ですので「住宅ローンの仮審査」のページで記述したように仮審査に通れば本審査に通ったのと同じ意味があります。

 分譲マンションの売買契約で重要なことは、本人と共同購入者(普通は妻)が直筆で行う必要があります。また印鑑証明が取れる(正確に言えば、金銭消費貸借契約を結ぶ際に住民票を移動させるので、印鑑証明が取れなくなる可能性がありますが、新住所でも同じ印鑑で印鑑証明の申請を行うことになります)印鑑を使うことになります。 次のページに進む

売買契約の締結・関連記事

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved――――
拓夢書房・ロゴ画像 マンションのイメージ画像