ガス会社などへの住所変更届/分譲マンション

マンションイメージ画像

 住宅ローンが無事に締結できれば、購入に関する問題はすべて解決です。後は実際の引越しにむけての作業に移ります。忘れがちなのがガスなどの公共事業への届出です。特に電気とかガスは引越しをしたその瞬間から使いたいので忘れずにあらかじめ届けを出しておきましょう。

  • NHK(国営放送)への受信契約者・住所変更届け
  • 郵便局への郵便物の転送届け
  • ガス、水道、電気料金の清算、転移、申し込みなど
  • 国民年金保険、住民票の移動、転出届、福祉関連
  • 金融機関(銀行や郵便局)への住所異動届
  • クレジットカード会社への届出
  • 新聞や宅配牛乳への届出
  • 子供(親族)の転校届け

スポンサードリンク

変更届は適切な時期に

マンションイメージ画像

 今はネット環境が進んでいるのでパソコン一台あれば大方の届出は出来ます。ですが、届け出る必要のある企業をチェックしておかないと意味がないので、見落としがないよう計画を練っておきましょう。参考にしたいのが引っ越し業者が用意しているパンフレットで、そこに書かれている事項を参考にすればほぼ間違いないでしょう。

 パンフレットに書かれていない事項として、クレジットカード会社に対する住所変更の届出などがありました。このあたり結構見落としている点がありましたが、郵便局に対する届出を忘れずに出せば、それらの企業からの案内が新住所に「新住所に変更」などと書かれた付箋と共に送られてきます。それらの郵便物をチェックすれば忘れていても大丈夫、気づいた時点で直に連絡しましょう。 次のページに進む

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved――――
拓夢書房・ロゴ画像 マンションのイメージ画像